医療レーザー脱毛の副作用とは?

医療レーザー脱毛で考えられる副作用

“医療レーザー脱毛を検討中の多くの方が副作用について気にされているのではないでしょうか?レーザーの光が届くのは皮膚両面から3~4ミリの場所までなので、基本的には血管や内蔵への影響はないと言います。しかし、炎症による症状が出る場合があるので、一般的な3つの症状を紹介します。
ひとつ目は、皮膚の赤みです。レーザー脱毛では毛を熱で処理するため毛根周りの皮膚が軽い炎症を起こし赤くなることがあります。多くの場合は時間の経過とともに消えていきます。
2つ目は、毛膿炎(ニキビ)です。ニキビができやすい体質の人は症状が出ることがありますが、ひどい場合には薬で炎症を抑えます。
3つ目は、火傷です。レーザーの強さの調整や肌を保護するジェル、日焼け止めクリームによる保湿などでリスクを軽減します。
これら3つの症状は副作用というより一時的な症状であることが多いですが、心配な方は施術を受けるクリニックに相談しましょう。”

医療レーザー脱毛にありがちなトラブルとは?

“医療レーザー脱毛の施術を受ける時には、保証制度がしっかりとしている医療機関を選ぶことはもちろん、テスト照射などのサポートが行われているクリニックにお世話になることが大事です。
特に、術後の再照射の方法に関しては、それぞれのクリニックの判断により、大きなバラつきが出ることが知られています。
また、少なくなっている打ち漏れや火傷などの副作用に対処をするうえで、アフターケアの仕組みが整っているクリニックの特徴を理解することが欠かせないテーマの一つとしてみなされることがあります。”

医療レーザー脱毛後は副作用で汗の量が増える?

医療レーザー脱毛は、クリニックで行う効果の高い脱毛です。レーザーで毛根を破壊するので、一度施術した毛穴からは毛が生えてこなくなります。しかし、実際に施術を受けた人の口コミを見ると、施術してからワキ汗が増えたという副作用を感じている人や、ワキガになったと感じる人もいるようです。これは全くの勘違いで、ワキのムダ毛がなくなることで、皮膚が汗を感じやすい状態になっているということで、汗の量やにおいには変化がありません。

医療レーザー脱毛後にしたいアフターケア

“医療レーザー脱毛をした後に気を付けなければいけない事は、しっかりアフターケアをすることです。
このケアが十分に行われなければ、副作用が出てしまったり様々な肌トラブルが起こる可能性があるので注意が必要です。
まず、施術を行った当日はレーザー照射によって皮膚が刺激され熱を帯びた状態なので、脱毛箇所を冷やすようにして炎症を抑えます。また脱毛後は肌が過敏になっているため、当日はお風呂に浸かったりサウナに入るのは控えるようにしましょう。
その他にも治療後は肌のバリア機能が低下しているため、紫外線に当たって日焼けしてしまうとその部分がシミになったり炎症を起こしてしまう事もあります。

この様なことに注意しながら、病院で処方されたクリームなどを塗ってしっかりアフターケアを行いましょう。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です